いろいろな参加の仕方

全ての踊り連の参加ルール

うらじゃ”心得十箇条を理解し、岡山の街・人・環境を大切にする踊り連であること。

我々の郷土である岡山の温羅伝承を基に、「共生と融和」をコンセプトに掲げ“うらじゃ”はまちづくりの一環として生まれたまつりです。
“うらじゃ”に携わるすべての人々が、郷土愛や人と人との繋がりを大切にする心を育み、そして「まちのために行動を起こせる人」「感謝と思いやりを持てる人」に成長してほしいと思っております。
そして、“うらじゃ”での経験や身につけた事を日常で活かし、“うらじゃ”にかかわらず、この精神や取組みを大切にする人を増やし、皆様でその輪をどんどん繋げていきましょう。

うらじゃ心得十箇条

一、「誇り」を持つ

岡山人としての誇りを持つべし

二、「歴史・文化」を学ぶ

地域の歴史・文化を学ぶべし

三、「先人」に習う

先人の尊い教えと行動に触れ、それに習うべし

四、「和」を学ぶ

人の和、地域の和づくりに積極的に参加すべし

五、「自責他尊」

自らの責任を自覚し、他者を尊ぶべし

六、「思いやりの心」

自らの欲するものを他に施すべし

六、「思いやりの心」

自らの欲するものを他に施すべし

七、「家庭」を大切にする

親に孝行を尽くし、子に愛を授べし

八、「自然」と親しむ

自然に対する畏敬と共生の心を持つべし

九、「仲間」を信じる

自分一人ではない。仲間を信じて行動すべし

十、「働く」

自分が働けば仲間が働き、地域が日本が動く